• ホーム
  • 住まいとくらしのアンケート

「住まい」と「くらし」

住まいとくらしのアンケート_banner03

台風のとき、どうしてた?
やっておけばよかった&やっててよかった

まだ記憶に新しい、台風15号・19号の猛威。
あらかじめ警戒はしていたものの、いざとなったら慌ててしまったという人も多いのでは。
読者に「準備しておいてよかった&準備しておけばよかった」体験談を聞きました。

シャッター、つけておけばよかった

自宅は1~2階に防犯対策としてシャッターをつけているのですが、防犯対策なので3階はいいかなとつけていませんでした。でも今回の台風で家がものすごく揺れて、「何か3階にものが飛んできたらどうしよう」とすごく不安になりました。今から外付けでつけようかなと思っています。
備蓄は普段から気をつけていて、ペットボトルに水を貯めておいたり、お風呂の水は朝抜くように決めています。ベランダのものを全て家の中にしまいました。イスやテーブルはさすがにしまえなかったので、荷紐で何重にもくくっておきました。使う時にも荷紐なら切ればいいだけなので楽です。
(市川市在住/鉄人主婦さん)

たまたましていた屋根修理のおかげで安心

今住んでいる築30年の実家の屋根は昔ながらの三州瓦。これまでメンテナンスをしていたとは思えず、今年の春、思い切って屋根修理と漆喰工事をしたばかりでした。おかげで台風や大雨でも、屋根や雨漏りの心配をせずにすみました。また、瓦が飛んでご近所さんに迷惑をかけたり、けがをさせることもなくほっとしています。
これまで台風対策ってあまりしたことはなかったのですが、先日の19号では自転車をガレージに入れたり、物干し竿を下ろして紐で束ねたり、植木鉢を家の中に入れたりと家の周りをチェックし、物が飛ばない対策はしました。またベランダの排水溝の掃除もしました。最低限のことはしたかな。
(市川市在住/こぶぅさん)

雨戸の木枠が腐食!修理しておけば…

築40年の木造住宅なのですが、台風15号でなんと雨戸が飛んでしまいました。たまた
ま人がいない真夜中だったからよかったものの「これは危ない」と慌てて原因を調べました。すると雨戸の木枠が腐食してしまっていました。今まであまり閉める習慣がなく、気付かず…19号のときはまた飛んでしまっては大変なので、外しておきました。
早く直そうと修理をお願いしたのですが、せっかく足場を組んでもらうので外壁の塗装もこの機会にすることにしました。今まで台風対策としてあまり気にしたことはなかったのですが、今回の一件で日ごろのメンテナンスの大切さを痛感しました。
(市川市在住/K・Tさん)

うっかり物干し竿を入れ忘れ

15号でマンションの庭の木が倒れてしまい、19号の時は住民全体が用心していました。植木鉢が飛んでいったら大変なのでマンションに入れたけど、うっかり物干し竿を入れ忘れてしまって、入れようと思ったときにはもう外に出られない状態に…。あらかじめ「台風のときはなにをどうするか」決めておけばよかったなぁ…。
(浦安市在住/飴ちゃんさん)

大切な住まいを守るために家も「健康診断」を
株式会社きたばたけ塗装

台風に関わらず、自分の家の状態を正しく知っておくということは重要だ。
「プロタイムズ市川行徳店 株式会社きたばたけ塗装」の北畠祐朗代表に話を聞いた。

屋根や外壁の劣化が進行し、実際に雨漏りが発生していても目に見えるほどに重症化するまで気付かない…というケースは多くある。「一目見るだけで『これはそろそろ補修しなければ』というパターンも少なくないのですが、住んでいる側からすると『どういう状態がダメなのか分からない』という方も多いんです」とプロの点検の重要性を語る。家も人間と同じで、定期的に検査し早めに対処すればかかる費用も時間も最小限で済むのだという。
そして、大切な家の屋根や外壁など、自分では判断できない部分の施工には信頼できる業者選びをしたいもの。業者選びは「写真などで自分の家の劣化状態が分かる資料を提出してくれる」「見積もりをきちんと作成している」ことがポイントだという。
「当社では、動画で劣化箇所の撮影を行い、報告書と共に提出します。また、見積もりでは塗装用に図面を作成し正確な塗装面積や材料の適正な塗布量の算出などの内訳までしっかりとお出しします」
また「お客さんが正しい知識を持てるように」と外壁塗装について学べるセミナーなども開催しているという。
「現在、無料診断を受け付け中です。『わが家は大丈夫かな?』という方、お気軽にご依頼ください」


北畠代表と高木店長(左から)

「止まらなかった雨漏りを止める」職人技
プロス株式会社

プロス株式会社には、「以前別の会社で修理してもらったはずが、また雨漏りしてきてしまった」という人からの依頼が後を絶たない。中には「1年以上雨漏りしている」と困り果て依頼してくる人も。
「原因の大元が防げていなかったケースがほとんどですが、建物の構造の違いなども関係してくる。他で発見できなかった雨漏りの原因を突き止めるには経験が必要。修理に時間がかかることもあります」と木下代表取締役。
現場で調査をする際には、まず依頼主に「雨漏りしたときの状況」や「風向き」などしっかりとヒアリング。疑わしい箇所に散水調査を行い場所を特定する。
調査は多くが立会いで行われ、依頼主が納得いくまで説明するように心がけているという。「雨漏りを止めることができると、『ありがとう』とすごく感謝してもらえて、励みになります。『次は塗装をしてほしい』とリピートしてもらえることもあり、信頼していただけてうれしいですね」

家に上がるという職業柄「礼儀を大切に。職人たちの教育もいき届かせています」。あいさつに始まり、依頼主の疑問には納得してもらえるまで説明するなど「信頼感」を大切にしている。
「施工例や会社の雰囲気は、週2回くらいのペースでブログで配信しています。また自分で塗料を塗りたいときなど、お電話で受けられる簡単な相談なら無料で乗れます。気軽にお問い合わせください」

台風にまつわる住まいのこと、プロに聞いてきました




エミング
浦安新聞
いちかわ新聞

ポイントアプリ『ちりつも』

ベイちばinfo 新着情報

2019.11.15

浦安新聞11/8号6面で獲得していたウラフェスポイント、およびウラフェス号外ちらしから獲得していたウラフェスポイントが有効期限切れで消滅してしまった方は、再度同じQRを読み取りポイントを獲得してください。

2019.11.15

昨年同様、今年もポイントラリーはスマホで参加いただけます。スマホにアプリ「ちりつも」をインストールしてご準備を!会場内のポイントゲットスポット(配信スポット)で「ちりつも」を開くとポイントを受信できます。くわしくはこちらをクリックしてご覧ください。

サイト内検索

ねっとde予約
ご予約サイト『ベイちば.com』

  • キッズ撮影会&親子ワークショップ 『ママともフェスタ』
    ・・・など
    ご予約にはベイちば会員登録(無料)が必要です。
    インターネットで予約・予約確認・キャンセルができ、便利です。
    また、いち早く街のうれしい情報をメールマガジン(不定期)でお届けします。

    迷惑メール設定をされている方は@resv.jp をドメイン受信設定してください。

ベイちばinfo編集部

株式会社 明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325
http://www.meiko-kikaku.co.jp/

プライバシーマーク

個人情報保護方針

Copyright (C) meiko-kikaku, All Rights Reserved.