【第2弾】葛西ポイントに期間限定の交換商品登場!

食パン(受付終了)_1000

※お申込みは、スマホアプリ「ちりつも」の葛西ポイント[つかう]からお申込みください。

交換券の発送開始は2019年2月15日(金)です。
交換券の有効期限は、2019年2月28日(木)までです。


※お申込みいただいた方へは、㈱明光企画から交換券を発送しますので、お客様ご自身が届いた交換券を持って、店舗で商品と交換してください。一本堂 江戸川葛西店でのみ引き換え可能。他店では引き換えできません。
※交換限定数に達したところで、お申込み受付終了となります。

限定数に達したため、交換受付は終了いたしました(2019.1.31 18時07分)

商品紹介

01_0125K_商品交換記事_一本堂

お店には常時7~8種類の食パンが。
季節限定のものもあり、これからの時期には甘橙などが並ぶ予定。
その中でも「一本堂(ぷれーん)」は、大人にも子どもにも人気の定番商品。
定価280円(税込み)。

おいしいパンを作るのに研究は欠かせない

一本堂は、大阪を発祥とする食パン専門のパン屋。江戸川葛西店は2017年にオープンした。
店主の廣松さんはパンの食べ歩きが趣味。都内はもちろん北海道や京都まで足をのばして、人気のパン屋を食べ比べて歩く。時には1日7~8軒回ることもあるそうだ。そんな研究熱心な店長が作るパンは地域住民に大変人気。女性だけではなく男性も食べられるパンとして、夫婦や子連れ、友だちなど、さまざまな人たちが買いにくる。
「『家になくなったから』と台風の日に車で買い来られたお客さまや、真夏の暑い中で買いに来てくれたお客さまもいました」

食パンの食べ方も奥が深い?

交換商品の「一本堂(ぷれーん)」は、店名がついているだけあって店の看板商品。耳はパリッと香ばしく、中がふんわりもっちり弾力があって、食べ応えがある食パンだ。
「お客さまからは『耳までおいしい』というお声を多く頂戴しています。サンドイッチでも耳は切り落とさず使ってもらえたら」

このパンのコンセプトは「すべてのことができる定番商品」。さまざまな食べ方をオールマイティーに楽しめるパンとして作っているという。そのまま食べるもよし、トーストしてもよし。パンの切り方も、厚くして食べても、薄くしてサンドイッチにしてもOK。どんな食べ方にも合う。
「食パンは、それだけで完結する食品ではありません。食パンにあわせた食べ方・食卓があるので、『食パンの食べ方教室』なども時間があればやってみたい」と店長。また、「良い食を提供することで『家庭の食卓が豊かになる』と思います。そういった形でも地元に貢献していきたい」と意気込みを語った。

店舗情報

一本堂 江戸川葛西店

江戸川区中葛西5‐11‐12
営/10:00~18:00
休/月・火曜

店舗外観

エミング
浦安新聞
いちかわ新聞

ポイントアプリ『ちりつも』

サイト内検索

ねっとde予約
ご予約サイト『ベイちば.com』

  • キッズ撮影会&親子ワークショップ 『ママともフェスタ』
    ・・・など
    ご予約にはベイちば会員登録(無料)が必要です。
    インターネットで予約・予約確認・キャンセルができ、便利です。
    また、いち早く街のうれしい情報をメールマガジン(不定期)でお届けします。

    迷惑メール設定をされている方は@resv.jp をドメイン受信設定してください。

ベイちばinfo編集部

株式会社 明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325
http://www.meiko-kikaku.co.jp/

プライバシーマーク

個人情報保護方針

Copyright (C) meiko-kikaku, All Rights Reserved.